Skip to content

株式報酬制度を管理する最善の方法

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
株式報酬

会社を経営することは大変な作業です。掴むべきチャンス、避けるべき落とし穴、常に変化し続ける消費者の状況など、判断すべきことがとてもたくさんあります。これをし、さらに成功させるには、ベストなチームが必要です。あなたと同じように、会社の将来を真摯に考える従業員が必要です。最高に明晰なベストな人材が必要で、その人が初日と同じように100日目になってもその明晰さを失わないようにしましょう。

実際にこれをするには、どうすればいいと思いますか? 最高の従業員を採用し、やる気を維持させ、離職しないようにするには、どうしたら良いでしょうか? 株式報酬とは、株式によって支払われる報酬で株式報酬 がタイトルに含まれる記事を読んでいるという事実から判断すると、あなたにはアイデアがあるのではないでしょうか。

あなたのアイディアは正しいと思います。株式報酬制度は、会社の成功を内側から確実にスタートさせる最も有効なツールではありません。株式報酬制度を計画し、設計することはただの始まりに過ぎません。立ち上げから終了まで、制度の管理にはさらに多くの判断が必要です。

株式報酬制度を管理したい場合にすべきことを少しだけご紹介します。

 

株式報酬制度に必要な従業員データを収集する

このステップ(およびその他の全てのステップ)では、人事と経理/給与部門の両方が必要になります。

人事はスタートから重要です。誰が資格を有し、どのくらい株式報酬を受け取るかを決定するため、その会社における各従業員の勤続年数、雇用契約などを知る必要があります。それはプランの開始時だけではありません。司法管轄地域が異なれば、税制も異なります。従業員が住所を変更した場合、納税義務が変わることもあります。

給与支払いは、株式報酬制度について様々な機能を果たしますが、この部分では、給与に関する情報を提供する必要があります。

 

株式報酬制度を運営する司法管轄地域を尊重する

組織が属している法域は1つの場合も複数の場合もあります。こうした法域、様々な税法、従業員にどのように適用されるかを理解しておくことが不可欠です。貴社の東京オフィスでうまくいく計画が、貴社のイタリア支店の従業員にとってうまくいくとは限りません。

異なる法域では、雇用や報酬に関する法律も異なります。これらのニーズは、プランや会社を拡張する前に十分に検討する必要があります。

 

株式報酬制度に関連する報告

株式報酬制度には多くの報告を伴います。それはかなりの量です。取引、拠出、税金、給与、その他諸々の報告があります。こうした報告の1つ1つは、わかりやすく、正確で、最も重要なこととして、適時に作成される必要があります。

少し変わった形態の報告、つまりコミュニケーションもあります。

 

コミュニケーション

コミュニケーションには2つのタイプがあります。1つは、参加者とのコミュニケーションで、これは株式報酬制度の管理において大きな部分です。プランの設立までは順調に行っても、従業員に参加してもらう必要があります。プランの利点を効果的に伝達し、プランに加入することが簡単であることを示さなければなりません。

ただし、もう一つ、別のタイプのコミュニケーション、つまり内部のコミュニケーションがあります。これは不可欠です。各部門は、会社内、または外部で発生し、プランに影響を及ぼす可能性がある変更について最新情報を知っている必要があります。給与支払い部門は、新規採用者やポリシーがあるかどうかを人事から聞いている必要があります。人事は、法務部から司法関連の最新情報があるかどうかを聞いている必要があります。この他にもあります。ここで1つの例を挙げます。

あなたが私のような人であれば、源泉徴収税率と言われたら混乱するでしょう。しかし、これはどの株式報酬制度にとっても極めて重要な部分なのです。それは、給与から拠出金を天引きして、貯蓄や購入プランに毎月振り替えるという単純なものではありません。遵守しなければならない特定の期日やガイドラインがあり、それが変更される可能性もあります。変更が適切に伝達されていなかった場合、悲惨な結果になりかねません。

ただし、この次のものを台無しにするほど悪いことはまずありません。

 

GDPR(EU一般データ保護規則)へのコンプライアンス

最近、GDPRについてはかなり語られています。当然ながら、GDPRによって、欧州の多くの企業の様子が劇的に変化しました。無数の納税書類、契約書、財務諸表など、処理している全従業員のデータを、GDPRに準拠した方法で処理する必要があります。

偶発的にGDPRを違反してしまったとしても、かなり高額の罰金を課されます。株式報酬データを管理する方法に十分な時間を費やさなければ、GDPRに違反し、ビジネスにとって最悪の決定となる可能性があります。

 

こうしたことに対処できますか?

あなたは成功に関して、疑いを持ち始めているかもしれません。所定の場所に配置すべきことがたくさんあり、リスクは高いです。株式報酬制度全体を再考したいとさえ思うかもしれません。

それはしないでください。株式報酬制度は貴社にどれほどの価値を付加し、会社や従業員にもたらすすべての利益がどれほどあるかを覚えていますか? はい。事務手続きは大変ですが、簡単にできる方法があります。代わりに他の誰かに全部やってもらうのです。

Global Sharesでは、15年間にわたって、株式報酬制度に関して、受賞歴のある管理を提供しています。貴社が制度を開始するどのようにお手伝いさせていただけるかをご説明しますので、弊社にご連絡ください。

注意:本出版物には一般情報のみが含まれており、Global sharesは本記事を通じて、法務、財務、税金関連、ビジネス関連、専門分野などのアドバイスを提供するものではありません。Global sharesアカデミーは、専門的なアドバイスの代わりとなるものではなく、その目的で使用すべきではありません。Global sharesは、本書に記載された情報を信頼したことによる結果に対して、一切責任を負いません。

この記事を共有する:

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

最新の投稿をご覧ください

特集

Food for Thought

Sign up to receive bite sized brainfood on a range of topics that will help your business grow.