Skip to content

イーロン・マスクと自社株報酬の価値

elon-musk

アメリカの電子自動車会社のテスラで最近、興味深いことがありました。それは傍から見ても興味深いことですが、テスラとそのイーロン・マスクCEOにとってはこれほどエキサイティングなことはなかったでしょう。

テスラの取締役会は、マスク氏の給与パッケージの第1トランシェの権利を確定することを承認しました。通常、このようなイベントは特に報道されないでしょう。しかし、マスク氏の給与パッケージは通常とはかなり違います。

Global Sharesでは、権利確定イベントや大型で複雑なプランをたくさん目にしています。しかし、弊社ですら、マスク氏の給与パッケージの詳細を理解するのに時間をかける必要がありました。

 

イーロン・マスク氏は、なぜテスラから一度も給料をもらったことがないのでしょうか?

少々背景を説明すると、マスク氏はテスラから一度も給料をもらったことがありません。マスク氏は、給与の代わりに自社株報酬制度を選択しました。マスク氏が自身の会社と株式報酬の両方の成功を強く信じていることが明らかであるだけではなく、それは会社のためでもあります。マスク氏には、取締役会が設定した目標を自身と会社が達成している限り、巨額の報酬を手にする可能性があります。例えば、現在の給料パッケージの12のトランシェをすべて手にするためには、テスラの時価総額が6,500億ドルに達する必要があります。

テスラの市場価値は6か月平均で1,002億ドルに達し、年間売上高200億ドルまたは調整後EBITDA15億ドルのいずれかも達成したため、取締役会は、直近のトランシェの権利確定を承認しました。これらは、驚異的な成功の兆候です。さらに言えば、それらはテスラの取締役会にとって明らかに重要である非常に特異な成功の兆候です。目標はいずれも収益性ではなく、時価総額に基づいています。テスラと取締役会にとって、この取り決めが機能していることが簡単にわかります。しかし、マスク氏についてはどうでしょう?

第1トランシェの権利確定により、マスク氏は1株350.02ドルで169万株を購入することができました。それに対し、現在の市場価値は1株あたり805.81ドルです。これは、マスク氏が7億7,500万株を格安の価格で受け取ることを意味します。これは驚くべき数字ですが、12トランシェの第1回目に過ぎず、全部で169万株あることを考えるとさらに驚異的であることがわかります。

 

株式報酬の有効性

イーロン・マスク氏の行動が全て常識を超えているのは明らかです。これはどう考えても普通の金額ではありません。ただし、これは株式報酬の成果を示しています。マスク氏は希望すれば巨額の報酬を要求することもできたはずです。しかし、マスク氏は給与よりも株式の方が多くの収入を得られることを明らかに理解しています。マスク氏が目標を達成し、テスラの株価が上昇すれば、報酬はもっともっと大きくなるでしょう。

特に目を見張るのは、取締役会は、同社のCEOだけでなく、会社の他の従業員に対しても、目標を使用して成功の定義を正確に示していることです。取締役会は、取締役会が期待する方向に目標を設定することによって、会社が確実にその方向に進展するようにしています。

 

自社株報酬によるインセンティブはどの会社にも有益

多くの人は、株式報酬によるインセンティブを、スタートアップを終える手段、つまり高い給料を支払うための資金が必ずしもなくても、人材を集める方法として認識しています。 しかし、株式報酬は、企業が最初の設立時から数十億ドル規模の企業になるまでを見守るツールであることをテスラは証明しています。テスラは現在、大手企業ですが、株式の目標を定めた使用からまだ大きな恩恵を受けています。

貴社チームがGlobal Sharesを取り入れる場合、弊社は貴社がテスラのようなリターンを上げることを約束できませんが、貴社の株式報酬制度が可能な限り有効で、恩恵をもたらすことは約束できます。

今すぐ、無料デモについてお問い合わせください。

Why has Elon Musk never taken a salary from Tesla?

In 2018 Musk agreed a deal where he would be awarded shares in the carmaker, with the number of  shares that would vest dependant on whether certain performance targets for Tesla’s market value, revenues and profits were hit. At each milestone reached Musk would receive stock options and these would allow him to buy a tranche of shares at a set exercise price. Musk’s most recent hat-trick of targets achieved for the company has allowed him to pay $1.8 billion to buy 25.32 million shares, currently worth circa $23 billion.

When this long-term incentive package was agreed in 2018 it was deemed to be radical, bold and controversial, but it’s actually only the figures and targets which are extreme. Once you strip those away what you are left with is a fairly standard package of performance-vesting equity, which at its core is no different from the sort of plan which the hundreds of companies we work with every day use to reward their staff.

Aligning interests and maintaining loyalty

One of the benefits of an employee compensation scheme for employers is the staff retention and loyalty it instils. As Musk’s very public attempts to court Twitter have shown that deal is clearly taking a lot of his attention. Let’s not forget that he’s also a major shareholder and CEO of rocket maker SpaceX and a founder of the infrastructure and tunnel construction services company The Boring Company. He’s a man with a lot of different priorities vying for his time but the remuneration package agreed with automotive company guarantees that Musk remains interested in and focused on Tesla, rather than being distracted by something new.

It was noted by Tesla at the time this package was agreed that “Elon’s compensation will be 100% aligned with the interests of our stockholders.” By being given long-term stock options it was ensured that Musk must think and act like a long-term owner and since his only compensation remains a 100% at-risk performance award it means he will only benefit financially if Tesla and all of its stockholders do extraordinarily well. It was by linking their fortunes like this that the company therefore secured his loyalty.

This highlights the advantage of having a good stock option plan when it comes to retaining and motivating top quality staff, while Musk, in turn, has used the power of employee ownership to generate huge financial gain for himself. It’s a win-win for both employer and employee.  

Currently around half of the companies traded on the S&P 500 offer some form of Employee Stock Purchase Plan to their staff. Twitter itself has an employee equity scheme in place and according to the New York Times many Twitter employees make 50% or more of their total compensation from Twitter stock. It’s no wonder then that these employees feel personally invested in the company’s future and ongoing success.

Of course this type of plan isn’t going to generate such ridiculous amounts of wealth for everyone unfortunately, and we can’t promise that you’ll be able to buy out a social media platform with your returns but, as you can see, unlocking the power of employee ownership does bring with it huge benefits.

Want to learn more about equity compensation?

At Global Shares we understand the power of stock options and have over 15 years’ experience helping companies of all sizes find the right equity plan management solution. Employee Ownership, Simplified, is our motto and we apply it across every aspect of our business. To find out how equity compensation could help your company with retention, talent attraction and rewarding top staff get in touch today.

注意:本出版物には一般情報のみが含まれており、Global sharesは本記事を通じて、法務、財務、税金関連、ビジネス関連、専門分野などのアドバイスを提供するものではありません。Global sharesアカデミーは、専門的なアドバイスの代わりとなるものではなく、その目的で使用すべきではありません。Global sharesは、本書に記載された情報を信頼したことによる結果に対して、一切責任を負いません。

この記事を共有する:

最新の投稿をご覧ください

Food for Thought

Sign up to receive bite sized brainfood on a range of topics that will help your business grow.