Skip to content

ESPPの参加率を引き上げる方法

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
boost-emi-participation

ESPPのプラン管理者はよく 「なぜプランの参加率が低いのだろうか?」と不思議に思うことがあります。実際、最近の調査によると、回答者のほとんどが、プランの参加率が予想していたよりも低いと答えています。

変だと思いませんか? 従業員株式買付制度(ESPP)は従業員にとって素晴らしい福利厚生ですので、参加率が低いのであれば、それには理由があるはずです。

以下に、ESPPを簡単に導入して、参加率を引き上げる方法をいくつか挙げています。

先入観を持たない

人材の採用が増加し、リテンションしやすくなる、職務に対する満足度ややる気が高まる、収入の税効率が高いなど、ESPPにはたくさんの利点があります。これは理解している人にとっては、明白であると思えるかもしれません。株プランの管理者は状況を楽観して、参加者にすべてを説明するまでもないと考える場合があります。この想定は現実とは異なります。

実際は、多くの参加者はこの制度から得られる恩恵の全体を理解しておらず、中には全く理解していない人もいます。または恩恵を理解していても、こうした利点は良すぎる、気が付かない落とし穴があるのだろうと考える人もいます。しかし、そのような落とし穴はありません。ESPPはそれほど強力です。

そのため、一つ一つの利点を丁寧に説明してください。参加者がポリシー全体を理解できるように、会社にとっての利益も説明すると良いかもしれません。ESPPの仕組みを理解した人は、考えを改めます。ただし、その人が仕組みを理解するために、会社は説明する必要があります。

ESPPの仕組みを簡潔に話す

参加者にESPPの仕組みを説明する時、専門用語を使わないで全てを明確に説明してください。全体像をまとめて説明したり、より平易な用語を使用して話した場合、きちんと説明していないように感じ、不安になることがよくあります。しかし、現実には、混乱する用語や、法務部が使う用語を盛り込むと、何も説明していないのと同じになります。

従業員が登録内容を正確に理解していないことが、参加率が低い最大の理由となります。ESPPに参加する理由 これは長期的な福利厚生であるので、プログラムを信頼する必要があります。もし従業員がプログラムを理解していなければ、信頼もしないでしょう。

ESPPを最初から始める

ESPPの利点の1つは、従業員の採用とリテンションです。ESPPは素晴らしい福利厚生で、企業はより理想に近い企業になります。そのため、採用活動の際に、ESPPに言及すべきであることは十分におわかりいただけると思います。

それでも、それにどの程度言及すべきであるかについて、弊社から説明させてください。それは、その候補者が採用通知を受諾した場合、その候補者はESPPが素晴らしい福利厚生であることを少なくとも理解していることを確認したいからです。その後もESPPについての理解を促進する必要があります。オリエンテーションや入社手続き中に、福利厚生やESPPの重要性について、しっかりと話すべきです。従業員の自社株保有は会社の重要な部分であるということが、新入社員にとって明確でなければなりません。

ESPPを会社のメッセージの主要部分とする

これにはいくつかのやり方があります。1つは、良いデザインのEメールや動画、パンフレット、ポスターなどを使用して、キャンペーンで情報を配信することです。いままでこうした方法で、ESPPの登録キャンペーンの発表と宣伝をしてきました。

ただし、ESPPに理想の参加者数を集めるには、さらに努力が必要です。興味を持つ従業員のために、プラン推進者はコーヒーミーティング(または時節を考慮して、Zoomミーティング)を設定しましょう。またリーダーは、会社への通常のコミュニケーションの中でESPPについて言及してください。この他にも、会社のイントラネットに情報を追加してください。メッセージを社内に伝える方法はたくさんあります。すべてを試して、最も有効な方法を見つけてください。

ESPPに対する従業員のフィードバックを優先する

最も有効な方法を見つけるためには、従業員からフィードバックを求める必要があります。なぜなら、コミュニケーションとは双方向であるからです。企業は、従業員に情報を伝えるだけの一方通行になることがよくあります。しかし、当然ながら、相手方である従業員が考え、感じることの方が重要です。

このように考えてください。会社は100万回メッセージを書いて、非常に明確な文言を使用し、ESPPの利点をすべて説明することができますが、従業員の声を聞いていない場合、違いは生じません。従業員の大半は老後の資金を貯める方法に関心があるのに、企業としてESPPの短期的な利点を強調している場合があります(逆もしかり)。従業員は経済的な側面は理解しているかもしれませんが、会社全体のモラルに関する影響は理解していないかもしれません。

効果的にコミュニケーションするためには、オーディエンスの状況に合わせてリーチする必要があります。そして、オーディエンスの状況を判断する最も有効な方法は、従業員に尋ね、回答を聞くことです。

これらを既に試した場合、または試してみたいけれど、どこから開始していいのかわからない場合は、弊社にご連絡ください

Global Sharesでは、株式報酬において15年近くの受賞歴を誇る経験があります。ぜひお任せください。

ESPPおよび弊社がどのように支援させていただけるかについての詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

注意:本出版物には一般情報のみが含まれており、Global sharesは本記事を通じて、法務、財務、税金関連、ビジネス関連、専門分野などのアドバイスを提供するものではありません。Global sharesアカデミーは、専門的なアドバイスの代わりとなるものではなく、その目的で使用すべきではありません。Global sharesは、本書に記載された情報を信頼したことによる結果に対して、一切責任を負いません。

この記事を共有する:

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

最新の投稿をご覧ください

特集

Food for Thought

Sign up to receive bite sized brainfood on a range of topics that will help your business grow.